ゲームコーナー

2018/02/17
2018/02/17
・ターン6
↑カゲロウが少しだけダメージですが、今回も増援、出ました。
・ターン7
→セツナがレベル6に。
↑今回は増援なしですね。北から攻めますか・・・。
・ターン8
→オロチがレベル10に。
↑残りの敵も順次、倒していきましょう。


 今度はここで構想です。

 1つ目のウソは、マントルは、その彼の妻を「病気」にしてしまったことだ。
 マントルが出した辞表は、封筒に「辞表」と書いて、中身も簡素な退職願いが書かれたものだったのだが、それを見るなり、バリアー社長は声を上げた。
「何、これ?ウソでしょ。向こうのテクストフェア君とうまくいってないの?彼とは歳も同じくらいだし、話も合うと思ったんだけどね」
 テクストフェアというのは、得意先企業の社長の息子=専務で、マントルは彼の担当を任され、毎日のようにテクストフェアのデスクに通うのが、マントルの主要な仕事の1つになっていた。
「いや、そういう訳ではないのですが・・・」
「うちは印刷屋だけど、印刷だけじゃなくクライアントの手助けになることなら、何でもやる。そのためには人間関係が大事でしょ。だから仕事というよりも、テクストフェア君と親しくなってほしかったんだけど」
 マントルにとって、テクストフェアは、付き合いにくい相手ではなかった。つい2日前にも一緒に酒も飲んだし、ゲームの話で盛り上がったことも何度もある。
「確かに彼は、お坊ちゃん育ちで、遊び人的で、付き合うのは大変だけど、悪い子じゃないし、芯はしっかりしてる」
 マントルはバリアー社長の言葉を遮った。
「いや、そうじゃないんです。これは、文字通り、一身上の都合と言いますか・・・」
 そこで、マントルは、
「実は、妻の体調が芳しくなくて・・・その・・・」
 その時、マントルの頭には、その朝も、「いってらっしゃい」と笑顔を見せた、妻・イスアの顔が脳裏に浮かんだ。
2018/02/15
2018/02/15
・ターン3
→アクアがレベル11に。
↑結構、敵、強いので、まずは北の敵からおびき寄せましょう。
・ターン4
→ツバキがレベル11に。
↑今回もサイラスが死にそうです。
・ターン5
→サクラがレベル13に。
→サイラスがレベル11に。
↑何と、敵に増援が出て来ましたね。

●岩月謙司著「女は男のどこを見ているか」(ちくま新書)
第1章、なぜ女は男に智恵と勇気を求めるのか
・女性が愛を感じる時
 女性が愛を感じる時というのは、「夫(恋人)から幸せを願われている」「夫(恋人)は、自分が楽しく生きているかどうかに重大な関心をもっている」と感じる時。
●津村記久子、深澤真紀著「ダメをみがく」(紀伊國屋書店)
○仕事
・掃除のおばさんが支えだった
↑女性には軽い心のつながりが必要なのかも。
2018/02/13
2018/02/13
・ターン0
↑相手の動きが分かりませんので、まずは中央に集結しましょうか・・・。
・ターン1
↑セツナが死にそうです。
・ターン2
→カゲロウがレベル11ヘ。
→サクラがレベル12に。
→タクミがレベル13に。
↑今度はタクミが死にそうです。

●岩月謙司著「女は男のどこを見ているか」(ちくま新書)
第1章、なぜ女は男に智恵と勇気を求めるのか
・不満の本当の意味
↑セックスだけじゃダメってことですね。
●津村記久子、深澤真紀著「ダメをみがく」(紀伊國屋書店)
○仕事
「わかりやすい恩人」「わかりにくい恩人」
↑相変わらず雲をつかむ話です。
2018/02/12
2018/02/12
・ターン5
↑次のイベントマスを目指して、まっしぐらです。
・ターン6
↑移動中。
・ターン7
↑イベントマスに行く前に敵が来てしまいましたね・・・。
・ターン8
→サイラスがレベル10に。
→フェリシアがレベル10に。
 終わりました。
MVPフェリシア&サイラス
 次は11章ですね。
チュン、リンカ、スズカゼ、サクラ、アクア、フェリシア、ツバキ、サイラス、オロチ、セツナ、カゲロウ、タクミ


 手塚治虫のマンガなどを題材にした大陸移動説の解説から始まって、地球の歴史から生命誕生の謎まで、壮大なテーマを、文字通り「読み始めたら止まらない」圧倒的な面白さで語ってくれるのが、この本。
 ホントに内容は幅広く、専門的な記述や細かい実験データなども多々登場しますが、細部など理解できなくても、なぜ生命は進化するのか、という根源的な謎に、独自の視点から迫る筆者の情熱のようなものも随所に垣間見え、全体が1巻のサイエンスドラマのように仕上がっています。
 この本に刺激され、世界の謎に挑む研究者が、日本にもさらに育ってくれるといいな、とも思います。

●岩月謙司著「女は男のどこを見ているか」(ちくま新書)
第1章、なぜ女は男に智恵と勇気を求めるのか
・不満の核心
幸せ恐怖症
肉体関係があると、見抜いたことを認めたがらないのが女性の特徴
●津村記久子、深澤真紀著「ダメをみがく」(紀伊國屋書店)
○仕事編
・生きていくために「しゃあないから就職でもしよか」
2018/02/11
2018/02/11
・ターン1
→タクミがレベル12に。
↑イベントマスを取りに行きます。
・ターン2
↑移動のみ。
・ターン3
↑今回も移動のみです。
・ターン4
→アクアがレベル10に。
↑リンカが少しダメージです。次は左上のイベントマスです。

●岩月謙司著「女は男のどこを見ているか」(ちくま新書)
第1章、なぜ女は男に智恵と勇気を求めるのか
・彼女たちの不満
「何かが足りない」
●津村記久子、深澤真紀著「ダメをみがく」(紀伊國屋書店)
○仕事編
・運命には黒い糸もある

・ジャコウネズミ先生、転じて、プルーム。
「ワシには子供がいないのに、孫がいる訳はない」という爺さん。

192-1.jpg

2018/02/10
2018/02/10
・ターン9
→今回もサイラス、戦線離脱です。
↑攻めるしかありませんね。
・ターン10
→チュンがレベル11に。
・ターン11
終わりました。
MVPツバキ&オロチ
 です。
 今回、サイラスが戦線離脱でしたので、鍛えましょう。
忍者は、カゲロウ!
弓使いは、タクミ!
 練習です。
・ターン0
↑まずは右下のイベントマスを目指しましょう。

●岩月謙司著「女は男のどこを見ているか」(ちくま新書)
序章、赤ちゃんにベロベロバーをしてウケるほうがノーベル賞をとるよりも大事
・智恵を獲得するには能力が必要
「現代は、以前にも増して英雄体験を重ねないと男性は尊敬されません。しかし、悲しいことに、現代という時代は、男性にとって英雄体験をするにはきわめて厳しい環境です」。
●津村記久子、深澤真紀著「ダメをみがく」(紀伊國屋書店)
○仕事編
・早稲田政経学部卒の先輩でさえ女には働き口がなかった
↑大変申し訳ないのですが、この本の文章を読んでいると、そりゃそうだよな、と思ってしまう私がいます。

インスタ投稿終了!
2018/02/08
2018/02/08
・ターン6
→リンカがレベル10に。
↑間接攻撃でチュンがダメージですね。
・ターン7
→フェリシアがレベル9に。
↑ひょっとしたら南に迂回しないと宝物のところには行けないのかもしれません。(道が分かりにくい・・・)。
・ターン8
→オロチがレベル9に。
→ツバキがレベル10に。
→サクラがレベル11に。
→アクアがレベル9に。
↑進むしかありません。

●岩月謙司著「女は男のどこを見ているか」(ちくま新書)
序章、赤ちゃんにベロベロバーをしてウケるほうがノーベル賞をとるよりも大事
・智恵と勇気が男らしさの原点
「ここで言う智恵と勇気は、未知なる問題に遭遇した時、試行錯誤しながら解決できる能力」
「何をするかが大事なのではなく、どんな気持ちでそれをするかが大事」
●津村記久子、深澤真紀著「ダメをみがく」(紀伊國屋書店)
○仕事編
・「感情労働」の黒い面を私が担当してた
↑読みました。
アキンド女とサムライ女。自分を商品にする女と、そうでない女らしいです。

・フェリシア
 チュンが男の子だと、一緒に付いて来るのが、この子です。ドジキャラ?

190-1.jpg

2018/02/07
2018/02/07
・ターン3
→サクラがレベル9に。
→フェリシアがレベル8に。
→サイラスがレベル9に。
↑カゼハナがダメージです。回復しながら進めるしかありませんね。
・ターン4
→チュンがレベル11に。
↑とりあえず進むしかありません。
・ターン5
→サクラがレベル10に。
↑宝箱が気になります。

●岩月謙司著「女は男のどこを見ているか」(ちくま新書)
序章、赤ちゃんにベロベロバーをしてウケるほうがノーベル賞をとるよりも大事
・スゴいけど尊敬できない
「女性は、男性とは質の違う種類の智恵はもっているけれど、男性が英雄体験を通して得る類の智恵を持つことが難しい」
=「自分にかけられた呪いをといてもらうための智恵」
●津村記久子、深澤真紀著「ダメをみがく」(紀伊國屋書店)
○仕事編
・これはもう、とにかく逃げるしかない
↑単なる愚痴のオンパレードですね。
2018/02/06
2018/02/06
・ターン7
↑あれれ?やっつけてしまいました・・・。
ターン数7、MVPリンカ&オロチ
 10章に進みましょう。
チュン、リンカ、スズカゼ、サクラ、アクア、フェリシア、ツバキ、サイラス、オロチ、セツナ、カザハナ、サイゾウ
 の12人、出撃です。
・ターン0
↑いきなり間近に敵がいますので、倒していく他はないですね。
・ターン1
→セツナがレベル5に。
→スズカゼがレベル8に。
↑タクミはアクアで会話をするようですね。思ったより敵、強いですね。
・ターン2
↑とにかく近づいて来る敵を倒していくしかありません。

●岩月謙司著「女は男のどこを見ているか」(ちくま新書)
序章、赤ちゃんにベロベロバーをしてウケるほうがノーベル賞をとるよりも大事
・女性が男性をもっとも軽蔑する瞬間
↑「あら、この人、私より智恵がない」と感じる時
「実戦で使えるような真の智恵を勇気を持っているかどうか」
●津村記久子、深澤真紀著「ダメをみがく」(紀伊國屋書店)
○仕事編
・すみません、バブル世代がご迷惑おかけして
↑女の人の本って、何が言いたいのか、さっぱり分かりませんね・・・。

・リンカ
 女の子なのに馬鹿力って感じですね。

188-1.jpg

2018/02/05
2018/02/05
・ターン4
↑リンカが少しダメージですが、どんどん攻めましょう。
・ターン5
→サクラがレベル8に。
→オロチがレベル8に。
↑順次、倒していきましょう。
・ターン6
→ツバキがレベル9に。
→サイラスがレベル8に。
→アクアがレベル8に。
↑イベントマスを取るには、1回休んだ方がいいかもですね。

●岩月謙司著「女は男のどこを見ているか」(ちくま新書)
序章、赤ちゃんにベロベロバーをしてウケるほうがノーベル賞をとるよりも大事
・自分がブランドになる
「行為の美しさこそがブランドである」
●津村記久子、深澤真紀著「ダメをみがく」(紀伊國屋書店)
○仕事編
・女子力のなさを商品価値にできてありがたいです
↑チュンには「女子力」なるものも、よく分かりませんが・・・。

・サクラ
 やっぱ回復キャラは成長が早いですね。

187-1.jpg

- Topics Board -