新着情報

2017/11/21
連載90
 まずは「ロト6」から。
・第1228回<ロト6>結果
06 18 19 25 28 40 03
 検証、
1、次数分析
04-11-22-29-32-37→ハズレ
2、出現数分析
03-04-17-18-28-33→2つ的中
3、不思議解明予想
01-09-27-31-35-36→ハズレ
 ・・・ダメでした。
 しかし、ここの「不思議解明予想」、さっぱりですね。やはり「モンロー研究所」なんてインチキなのでしょうか・・・。

●森田健著「自分ひとりでは変われないあなたへ」(講談社α文庫)
・願望実現の実験
 を読みます。ここには、2つの法則が書いてありました。その2つは、
→入った念は放っておいても、増えることはあっても、減ることはない。
→願った願望は、常に実現される方向に増え続ける。
 だそうです。
 森田氏は、トランプの記号を出す実験を行い、これを証明した、と書いているのですが、どうでしょう。
 例えば、
2017年11月20日、第1228回<ロト6>
 の結果は、
「06,18,19,25,28,40,03」
 でした。そこで、まったくのランダムプログラムに、
「願い事
2017年11月20日、第1228回<ロト6>の結果
を念じよ!」
 と書いて、起動したら、その思いは実現するのでしょうか?やってみましょう。
09-16-25-26-33-39→1つ的中
16-22-26-32-39-43→ハズレ
04-05-17-22-29-37→ハズレ
10-13-14-17-23-39→ハズレ
01-04-10-11-23-28→1つ的中
04-07-20-25-31-36→1つ的中
03-15-20-24-30-34→ハズレ
04-07-21-34-35-43→ハズレ
10-16-19-23-28-40→3つ的中
01-02-07-22-30-39→ハズレ
 10回やりましたが、結果は以上ですね。問題は、「念」が減らないのであれば、次にこれと同じことを行えば、結果は良くなる、ということですね。ならば、日にちを改めて、やってみましょう。
2017/11/18
連載89
 今回は、再び、
●坂本政道著「『臨死体験』を超える死後体験」(ハート出版)
 を読みます。今回、読んだのも、
救出(レトリーバル)
「『フォーカス23』からは、死後の世界ですから、死後の世界にいる『浮かばれない霊』を探し出し、その霊に再び輪廻転生をさせるために、『輪廻転生地点』である『フォーカス27』に連れて行く」
 というものについでした。
 ただ、前回より、さらにややこしいのは、今回のミッションでは、坂本氏は坂本氏本人の過去世を救出した、というものです。???これは、考えてみると、納得できない内容ですよね。上記の表現で言うなら、過去世が「フォーカス23」にいる、ということは、過去世は「浮かばれない霊」ということになります。そして、「浮かばれない霊」というのは、「輪廻転生地点」である「フォーカス27」には行き着いていないのですから、過去世はまだ、輪廻転生をしていない、ということになります。過去世が輪廻転生をしていないにもかかわらず、どうして、この本を書かれた時点での坂本氏は存在しているのでしょう?
 これについて、坂本氏は、
「自己の意識をいうのは同時にいくつもにも分離して存在できる」
「23に閉じ込められた過去世といまの自己は、分離して存在していたと考えれば、論理的に説明可能だ」
 と書いているのですが、・・・正直、分かりませんね。
 仮に、自己ではなく、自分というものが分離して存在できるにしても、自己とは、その時に意識がある方が、自己ではないでしょうか。ここで坂本氏が過去世を救出したとするなら、救出した坂本氏が坂本氏でしょう。それとも救出された過去世の意識が、その時点で坂本氏の意識として共有できるのでしょうか。共有ができなければ、それは坂本氏とは別の自己ということになります。ましてや、その過去世は輪廻転生もしていないのですから、その時点の坂本氏とは別の存在ということになります。その別系統の存在を、自分の過去世と言えるのでしょうか。
 そして、仮に、坂本氏の言うことが真実とするなら、森田氏の言うように、
人の本体は『フォーカス28〜34』にある!
 というのが、一番、合理的のように思われます。つまり、本当の自己というものは「フォーカス28〜34」にあって、そこにいる自己こそがゲームのプレイヤーとするなら、それ以前の自己はすべて、ゲームの駒でしかない、という考え方です。
 ・・・それが「真理」なのでしょうか・・・。
2017/11/16
連載88
 まだ疑問はありますが、
●森田健著「自分ひとりでは変われないあなたへ」(講談社α文庫)
・ミクロに入って外の世界へ
 に進みます。
「体内離脱の世界には、とらわれ領域と信念体系領域がない」
 と、ここで「フォーカス35」というのが出て来ましたので、それを見てみましょう。
「フォーカス35、エントリー&脱出ポイント。地球生命圏への出入り口、エネルギー体」
 とあります。これを、
森田氏まとめ
http://thun2016.blog.fc2.com/blog-entry-187.html
 に入れておきましょう。
 ところで、上には「地球生命圏」と書きましたが、・・・これは「太陽生命圏」の間違いでしょうか。それとも、もう1つ上に「太陽生命圏」というのもがあるのでしょうか。
 とにかく、この「フォーカス35」というのは、私たちが知る生命メカニズムの最高峰、といったもののようです。
 さらに、この項で、森田氏は、
「自分の中には『本当の自分』という中身が詰まっている」
 という考えと、
「自分は空洞で『本当の自分』というものに通じる穴だ」
 という2つの考えの中から、
「自分とは空洞で外に通じる穴だと解釈できないでしょうか」
 という主張をされているのですが、・・・それは、どうなんでしょう。
 考えてみると、森田氏と坂本氏、同じような体験をされたはずの2人なのに、出て来る考え方には、大きな違いがあるのにも、部外者のチュンは驚いてしまいますね。

 結果が出ました。
・第1227回<ロト6>結果
01 08 14 28 40 43 06
 検証、
1、次数分析
13-20-23-24-39-40→1つ的中
2、出現数分析
04-08-09-15-17-30→1つ的中
3、不思議解明予想
13-18-20-25-32-40→1つ的中
 ダメですね。「不思議解明予想」は、
一、光明真言『おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに じんばら はらはりたやうん』⇒13
二、南無妙法蓮華経⇒25
三、すべてがうまくいくよ⇒20←B1
四、すべてがうまくいくよ⇒32
五、すべてがうまくいくよ⇒40←当1
六、すべてがうまくいくよ⇒18←当1
 となりました。お祈りを下にズラし、今回は、
人の本体は『フォーカス28〜34』にある!
 というのを入れましょう。
一、人の本体は『フォーカス28〜34』にある!⇒27
二、光明真言『おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに じんばら はらはりたやうん』⇒01
三、すべてがうまくいくよ⇒35
四、南無妙法蓮華経⇒09
五、すべてがうまくいくよ⇒31
六、すべてがうまくいくよ⇒36
 と出ました。次は、
01-09-27-31-35-36
 で行きます。
2017/11/15
連載87
 前々回、
●坂本政道著「『臨死体験』を超える死後体験」(ハート出版)
 から「フォーカス27」のことを書き、疑問がいっぱい、といった意味のことを書きましたが、それを読み進めると、さらに分からないのが、
救出(レトリーバル)
 というものです。これは簡単に言えば、「フォーカス23」にいる人を救出し「フォーカス27」に連れて行くというもので、「モンロー研究所」では、この作業がセッションとして組み込まれている、ということですか、・・・これは、どうなんでしょう。
 そこで、
・森田氏まとめ
http://thun2016.blog.fc2.com/blog-entry-187.html
 を見ますと、
「フォーカス23、とらわれ領域。2次元。不自由。テイク&テイク。孤立ソウル。おどし・恐怖。個人の生前の記憶のみ。支配エナジー。第2の体」
「フォーカス27、輪廻転生地点。ゼロ地点。第3の身体」
 とあります。これだけでは分かりにくいので、前々回、「フォーカス27」にあるとされる施設、
・レセプション・センター
・癒し・再生センター
・教育/トレーニングセンター
・計画センター
・次の生を受けるまで待つ場所
 も、ここに書き込んでおきましょう。→完了
 つまり、「フォーカス23」からは、死後の世界ですから、死後の世界にいる「浮かばれない霊」を探し出し、その霊に再び輪廻転生をさせるために、「輪廻転生地点」である「フォーカス27」に連れて行く、それが「救出(レトリーバル)」ですか・・・。
 しかし、よくよく考えてみると、どうして、そんなことをやる必要があるのでしょうか?もし、「モンロー研究所」というものがなかったとしたら、そうした「浮かばれない霊」は、どうなるのでしょう?
 上記「レセプション・センター」というのが、本には、死者を受け入れる施設、とあるのですが、死んで、ここに行く霊と、「フォーカス23」に留まる霊との違いは何なんでしょう?
 何か、そこに必然性がなければ、このセッションそのものが、「モンロー研究所」のセッションに参加した人の、単なる「自己満足」のためにあるように見えて仕方ありません。どうなんでしょう?
2017/11/13
連載86
 前回、書いた、いくつかの問題を、とりあえず、
・フォーカス27問題
 と名付けましょう。これが解決すべき問題として、1つあるのだ、ということを頭に入れて、その解決のヒントが得られることも期待して、
●森田健著「自分ひとりでは変われないあなたへ」(講談社α文庫)
 を進めましょう。
魂が体内に離脱する
 ここは、孫儲琳さんのエネルギーの注入により、森田氏の意識がどんどんと小さくなった後に、フォーカス27、フォーカス35といった「モンロー研究所」で体験した場所に、「モンロー研究所」を利用することなしに行けた、というお話でした。
 「モンロー研究所」を利用することなしに同じ場所に行けた=その存在の確証、大きくなるのではなく、小さくなることによって、そこに行けた、というのが、今回のお話の要点のような感じですが、・・・
 まあ、考えてみれば、宇宙船などを使って宇宙をどこまで飛んで行こうが、そこにあるのは三次元の宇宙空間だけなのですから、「モンロー研究所」の言う「フォーカス世界」は、それとは別の場所にある、というのは当たり前なのかもしれません。加えて、人間の意識があるとしても、その大きさを、チュンは素粒子くらいではないか、と考えていますので、小さくなってフォーカス27、フォーカス35を見た、というのも、分かるような気がします。
 しかし、こんなことまでできる孫儲琳さんというのは、やはり本物なのでしょうか・・・。

 「ロト6」の結果が出ました。結果と検証を書きましょう。
・第1226回<ロト6>結果
07 08 28 34 37 41 13
 検証、
1、次数分析
06-15-18-29-35-40→ハズレ
2、出現数分析
05-09-10-17-36-37→1つ的中
3、不思議解明予想
03-18-19-21-27-40→ハズレ
 でした。・・・まったくダメです。
 次は、
一、南無妙法蓮華経⇒27→光明真言『おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに じんばら はらはりたやうん』
二、すべてがうまくいくよ⇒40→南無妙法蓮華経
三、すべてがうまくいくよ⇒18←B1
四、すべてがうまくいくよ⇒21
五、すべてがうまくいくよ⇒03
六、すべてがうまくいくよ⇒19←当1
 としましょう。
一、光明真言『おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに じんばら はらはりたやうん』⇒13
二、南無妙法蓮華経⇒25
三、すべてがうまくいくよ⇒20
四、すべてがうまくいくよ⇒32
五、すべてがうまくいくよ⇒40
六、すべてがうまくいくよ⇒18
 と出ましたので、次は、
13-18-20-25-32-40
 とします。
2017/11/12
連載85
 チュンはかつて、スウェーデンボルグの「霊界日記」に接した時、そこに強烈な違和感を感じました。その違和感とは、考えてみますと、
死後の別世界
 ということに起因しています。スウェーデンボルグの書いたものが正しいとするなら、人は死ぬと「死の世界」の住人となり、そこで生活を始めることとなるのですが、そうなると、死者と現世の間には関連性は存在しなくなります。
 ならば、よく人には守護霊とか、ガイドという存在が、その人を見守ってくれていると言い、それはすでに死んだ人の霊だったり、その人の過去世であったりと言われるのですが、それは人が死ぬと「死後の別世界」の住人となる、ということと矛盾しないでしょうか。
 一体、どの時点で、現世と関連なく「死の世界」の住人となったはずの死者は、現世との関わりを持つのでしょう?
死後の別世界
 と、
死者の現世との関わり
 というのは、どちらかが間違っていて、どちらかが正しいのか、両方が間違っているのでしょうか。
 そして今回、
●坂本政道著「『臨死体験』を超える死後体験」(ハート出版)
 に書かれている、
・レセプション・センター
・癒し・再生センター
・教育/トレーニングセンター
・計画センター
・次の生を受けるまで待つ場所
 を有する「フォーカス27」にも、同じ違和感を感じますね。さらに坂本氏も「ガイド」というものの存在に言及しているのですから、余計に分からなくなって来ます。
 そして、さらに分からないのは、一体、人は、何故「輪廻転生」をしているのか?ということですね。
 加えて、さらに分からないのは、坂本氏がのたまう「愛」とか「利他」という言葉ですね。人は、いや、すべての動物は、他の生命を食べないと生きていけないのに、何が「利他」ですか?何が「愛」ですか?もし、本当にこの世界が「愛」や「利他」を求めているとするなら、植物が進化をして「光合成」を始めた時点で、進化は終わっていないといけないはずです。
 とにかく疑問はいっぱいです。考えながら、進めてみましょう。
2017/11/10
連載84
 さて本日は「ロト6」の検証から。
・第1225回<ロト6>結果
19 22 25 30 33 34 36
 検証、
1、次数分析
04-22-23-29-42-43→1つ的中
2、出現数分析
03-08-25-30-36-37→2つ的中
3、不思議解明予想
05-12-18-19-29-36→1つ的中
 クイックピッドもハズレ・・・。ということでした。ここでは、
一、すべてがうまくいくよ⇒05
二、すべてがうまくいくよ⇒29
三、すべてがうまくいくよ⇒36→ボーナス数字
四、すべてがうまくいくよ⇒12
五、すべてがうまくいくよ⇒18
六、すべてがうまくいくよ⇒19→当たり
 ということでしたね。ならば、順番に祈りの言葉を変えてみましょう。一を、
南無妙法蓮華経
 にします。
一、南無妙法蓮華経⇒27
二、すべてがうまくいくよ⇒40
三、すべてがうまくいくよ⇒18
四、すべてがうまくいくよ⇒21
五、すべてがうまくいくよ⇒03
六、すべてがうまくいくよ⇒19
 次は、
03-18-19-21-27-40
 を予想にします。
 さて、ここで、
●坂本政道著「『臨死体験』を超える死後体験」(ハート出版)
 に戻りますが、この本で一番、ホントかな!?と疑ってしまうのが、「フォーカス27」ですね。この本による、「フォーカス27」にあるという施設を書いてみましょう。
・レセプション・センター
・癒し・再生センター
・教育/トレーニングセンター
・計画センター
・次の生を受けるまで待つ場所
 だそうです。ホントにこんな施設が整然と「フォーカス27」にあるのでしょうか?こんな施設が整然とあるにもかかわらず、どうしてこの世界は混とんとしているのでしょうか・・・。
 分かりません。
2017/11/09
連載83
●坂本政道著「『臨死体験』を超える死後体験」(ハート出版)
 に書かれている、
モンロー研究所
 による理論が、果たして本当なのか否か、チュンにはさっぱり分かりません。坂本氏の本によりますと、坂本氏自身はモンロー研究所を訪ねる以前に、自ら体外離脱のようなことを体験された、といったことが書かれてますが、チュンの場合は、そんな経験すらありません。もちろん霊を見るとか、未来を予知するなどといった能力もないのですから、こうしたことに関する素養がない、と言えば、そういうことになるのかもしれません。
 まあ、しかし、そうした素養のない人間だからこそ、できることもあるのかもしれません。
 まあ、ここは、まったくチュン自身は能力がない人間である、というのを自覚して、今一度、
●森田健著「自分ひとりでは変われないあなたへ」(講談社α文庫)
第2章、蘇生の根もとにあったもの
輪廻転生から脱出するには
 に目を通してみましょう。
 と、ここで書かれているのが、まさに「フォーカル27」=輪廻転生地点のことです。
 そして、ここで気になる記述は、
「魂が輪廻転生する速度とは、自由と融合なのです」
 という言葉ですね。よく、スピリチュアルの本などを読むと、私たちがこの世界に生きる目標として、
魂の成長
 と言った言葉を目にします。「魂の成長」と言いますと、「成長」とあるのですから、普通は「子供」から「大人」になる。これが「成長」でしょう。そして、通常、「大人になる」ということは、子供にはない「思慮分別を身に付ける」ということを意味します。つまり、「子供」が「自由」だとしたら、「大人」になれば「思慮分別を身に付ける」ことによって「自由」が狭まる、というのが「成長」でしょう。
 ところが森田氏の本に書かれていることは違います。森田氏の本には、
「自由になることが成長だ」
 とあるのです。これは、どういうことでしょう。
 さらに、森田氏の「フォーカルレベル表」を見ると、この「フォーカス27」の前には、「フォーカス23」=とらわれ領域、「フォーカス24〜26」=信念系領域というものが存在します。これらは、「自由」なしには輪廻転生もできない、ということに、まさに符合しています。これが「真理」でしょうか。
2017/11/07
連載82
 などと書いている間に、他の2つの予想は出してしまいましたので、ここも出しておきましょう。
一、すべてがうまくいくよ⇒05
二、すべてがうまくいくよ⇒29
三、すべてがうまくいくよ⇒36
四、すべてがうまくいくよ⇒12
五、すべてがうまくいくよ⇒18
六、すべてがうまくいくよ⇒19
 と出ましたので、
05-12-18-19-29-36
 と買うことにしましょう。

 本日は、カラオケに行って来て、帰りに平針で「ロト6」を買って来ました。これまで、ここでの予想は、「位置情報分析」としてきましたが、今回から、
3、不思議解明予想
 に変更しました。今一度、密教など宗教の呪文で「ロト6」を当てることができるか否か、決着をつけよう、というのが、今回の変更の理由です。とりあえず、今回は、チュンの呪文、
「すべてがうまくいくよ」
 を6つの予想、すべてに使用していますが、この呪文を順次、変更しながら、呪文に落とし前と言いますか、特に、
→密教の呪文に果たして効果があるのか否か?
 を明らかにしていきたいと思っています。

●坂本政道著「『臨死体験』を超える死後体験」(ハート出版)
 を続けましょう。次に書かれているのは、
「フォーカス27」
 のようですが、これについては初めて登場しましたので、まずは、
●森田健著「自分ひとりでは変われないあなたへ」(講談社α文庫)
 の表にある内容をまとめましょう。
「フォーカス27、輪廻転生地点。ゼロ地点。第3の身体」
 だそうです。まずは転記。→完了。
 これだけの表現ですと、よく分かりませんが、23の「とらわれ領域」や、24〜26の「信念体系領域」を経た、魂?が、再び、物質界=3次元に戻るのが、この、
「フォーカス27」
 ということですか・・・。・・・まあ、考え方は、理にかなっている、とも言えますが・・・。
2017/11/05
連載81
 別のところにも書きましたが、今、
喫茶「ベニ」
 に行って帰って来ました。今日は日曜日からか、お店が大賑わいで、店内で待ち時間が結構ありましたので、
●坂本政道著「『臨死体験』を超える死後体験」(ハート出版)
 を読み終えました。この本は、著者の坂本氏の、
モンロー研究所
 の体験談を記したもので、その内容は、対象が対象だけに、先に、
●森田健著「自分ひとりでは変われないあなたへ」(講談社α文庫)
 から抜粋した、同研究所の「フォーカスレベル」のまとめ、
http://thun2016.blog.fc2.com/blog-entry-187.html
 を、さらに詳しくしたようなものになっています。そこで、2人の著者の体験を照らし合わせ、チュンの今の状況で、さらに同研究所への理解を深めたいと思います。
「フォーカス24〜26、全体として信念系領域とよばれる。この世界にはいくつもの世界に細分化されている。それぞれには、ある特定の共通の信念や価値観を持つ人々が集まっている。下の方ほど、程度が激しい」
↑今回は、これを転記します。

 さて「ロト6」の結果が出ましたので、見ましょう。
・第1224回<ロト6>結果
05 18 33 38 41 43 06
検証
1、次数分析
02-09-16-20-29-31→ハズレ
2、出現数分析
06-19-22-24-35-36→ハズレ
3、位置情報分析
05-08-12-16-29-35→1つ的中
 今回はクイックピッドもハズレでした・・・。前回、
合言葉、
すべてがうまくいくよ
 で、本予想はハズレでしたが、クイックピッドが5等だったんですが、今回は、それもなし・・・ですか。
 ・・・しかし、毎回、思うのですが、チュン、この「ロト6」が当たらないと、今のチュンの生き方が否定されたような、信じる神に見捨てられたような、そんな気持ちになるのですが、それは何故でしょう。・・・考えましょう。

- Topics Board -